過払い金コラム

過払い金還付請求の注意点 その5

投稿日:2019年4月22日 更新日:

債務整理を行う中で、個人で手続きを行っていくことも可能ですが、公の役所などの相談窓口や、弁護士などのアドバイスを有効に利用していく必要性は大いにありそうです。債務整理は、決して難しいものではありませんが、そこには法律の理解が不可欠です。個人で債務整理の手続きを行う中で、不明点が現れたような場合は、必ず、第三者に相談を持ちかける勇気と余裕を持ちましょう。

過払い金の請求や、返金などには、賃金業者が不当な提案や妥協案を提示してくることがほとんどです。業者も、素人が個人で手続きを行っているような場合は、巧みに甘言を投げかけ、口先だけで和解を求めてくるような対応を行うことが多いようです。賃金業者との過払い金の還付請求などを行う場合は、安易に真っ向勝負を持ちかけるのではなく、債務者側も、きちんとした知識を持ち合わせた対応力が問われてきます。

交渉技術の乏しい個人が、交渉に挑む事で、貴重な時間をロスするだけではなく、過払い金を失ってしまう側面も考えられます。弁護士や、公の相談窓口などの、債務整理を専門としているプロの力を借りることで、スムーズな和解交渉が得られることは、債務者にとっては事が有利に運ぶ流れに繋がります。

たいていの場合、賃金業者とのやり取りは、一筋縄ではいきません。過払い金の還付請求などの、債務整理には、個人の見切り発車は要注意が必要です。経験豊富な、債務整理の専門家の元、メンタル的にも、時間的にも余裕をもって、交渉に挑む事をおススメ致します。

-過払い金コラム

Copyright© 過払い金の請求入門ガイド【初心者向け/徹底解説】 , 2019 All Rights Reserved.