過払い金コラム

過払い金還付請求の注意点 その2

投稿日:2019年3月24日 更新日:

過払い金の請求を行う際、賃金業者との交渉技術が必要です。

過払い金の返金交渉を、以前、行った事がある人であれば、その内容や流れはある程度、把握できているかもしれませんが、初めて過払い金の請求を行う債務者にとっては、何もかもが、手さぐり状態なのではないでしょうか?まず手始めとして、賃金業者とのやり取りは、記録として残す事が重要です。電話などの口頭でのやり取りは、記録として残らないので、悪質な賃金業者が好んで、意図的に利用する手段です。そんな時は、必ず、メールやFAX、郵便などの利用を促し、賃金業者との約束、やり取りなどの詳細を、交渉記録として手元に残る形にしましょう。こういった記録を残しておく事が、万が一、裁判などに発展した場合に重要な証拠となってきます。

また、送付されてきた賃金業者からの文書などが、皆さんが考えていた内容と異なった場合なども、臆さず訂正を申し出るべきです。業者とのやり取りの中で、文書が作成された場合、きちんとその内容を確認し、自分の理解ときちんと照らし合わせることが重要です。複雑な文書などで、送付されてきた場合などは、弁護士など、プロの目から判断を仰ぐなどといった選択も、スムーズな交渉技術を生む鍵となります。

-過払い金コラム

Copyright© 過払い金の請求入門ガイド【初心者向け/徹底解説】 , 2019 All Rights Reserved.